FC2ブログ

日和見主義

読書感想やら日記やら。

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年12月の読書感想

2015年12月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1998ページ
ナイス数:660ナイス

白い虎の月 タイガーズ・カース・シリーズ#1 (タイガーズ・カース・シリーズ # 1)白い虎の月 タイガーズ・カース・シリーズ#1 (タイガーズ・カース・シリーズ # 1)感想
YA向け。帯によるとラブファンタジー!ティーンが主役のプチインディージョーンズといった雰囲気で、おとぎ話の世界へ誘われます。王子様、呪いをかけられ虎の姿で不老不死のまま350年。その呪いをとくのがヒロインのケルシー。途中で恋愛色が濃くなるんだけど、この娘自己評価が低い上に相手に聞けば済む問題をずーっとうじうじ考え込んで八つ当たりして、負のスパイラル状態で苛々する~話し合えよ~。王子様は1日24分だけ人間に戻れる設定。もうちょっと冒険部分を読みたいかな。ところで、河童の資料は何を見たのか。あれ半魚人じゃ…
読了日:12月7日 著者:コリーン・ハウック
隠密 味見方同心(四) 恐怖の流しそうめん (講談社文庫)隠密 味見方同心(四) 恐怖の流しそうめん (講談社文庫)感想
面白かった!軽い文章なので、時代物が苦手な人もぜひ!今回のお品書き・つるもどき・へったれ漬け・ちくび飴・怪談そうめん 表題が恐怖の流しそうめんで、そそられたー。ちくび飴を売っているのは、三人の若い娘さんだよーんふふー。関係ないけど、中学の時の校長先生が全校集会で、学校に飴やガムを持ってくる生徒達に激高して「飴をしゃぶりたいなら家でしゃぶれ!」と大声を出してたのが凄く記憶に残っている。久しく聞いてないしゃぶるという単語と、激高という感情が不釣り合いで、笑いそうになるのを必死に堪えた。 続きが早く読みたい!
読了日:12月10日 著者:風野真知雄
薔薇十字叢書 石榴は見た 古書肆京極堂内聞 (講談社X文庫ホワイトハート)薔薇十字叢書 石榴は見た 古書肆京極堂内聞 (講談社X文庫ホワイトハート)感想
京極堂シリーズシェアードワールド。京極堂の飼い猫石榴から見た、敦子を慰める榎さん、関口夫妻、京極堂夫妻のお話。夫妻のお話は甘~い!口から砂糖がザーーっと出る!特に関口夫妻!いや、本家でもなんで関口さんにこんな美しい妻が?!というのは謎中の謎、この世に不思議なことはあるって!と常々思っていたので、このお話が読めて良かった、かな?ラストの鮎を落とすシーンでふき出してしまった。本家では絶対読めそうにない、少女小説のレーベルだからこその甘々展開を堪能できた。緻密な京極本もいいですが、これはこれで好き❤
読了日:12月14日 著者:三津留ゆう
うずら大名うずら大名感想
うずらを飼いたくなる本。鳴き声を検索して聞いてみたら、わりと鶏に近い鶏より綺麗な声で、場合によっては御吉兆と聞こえなくもない。でもポポポという鳴き声というか唸り声の擬音は、当てはまる動画を見つけられず。 物語に関しては、切ないやね。特に同門は血よりも濃い仲間意識があるものだから。運によって格差が広がってくると、隣の芝生は青々として見えるのだろう。身分には、それ相応の責任と重みが付随する。でも羨む人はそこは見ないもの。吉之助は泣きすぎで、有月は涼やかな毒舌か粋な感じがもうちょいあるといいなぁ。人情もっと!
読了日:12月15日 著者:畠中恵
陽気なギャングは三つ数えろ (ノン・ノベル)陽気なギャングは三つ数えろ (ノン・ノベル)感想
安定の面白さ。シリーズ三作目。あとがきを読んで、凄くこだわりがあるんだなぁ、だからファンがたくさんいるんだなぁと納得。 まず会話が好き。そして成瀬と雪子さんが好き。響野のうざさは鉄板。はめてはめられ出し抜き出し抜かれ、そこにインテリやくざ的なスパイスが降りかかり、中だるみが無い!またカジノ?とは思ったけれど、火尻にがっつりお仕置きがありそうでこちらも爽やかな気分で読了。 久遠のキャラが形成された過程がとても気になる。どんな子供で、どんな環境で育ったんだろう。
読了日:12月19日 著者:伊坂幸太郎
戦場のコックたち戦場のコックたち感想
戦場のコックさんの日常ミステリー。最初のうちは、わりとほのぼの読んでいた。でも、ほのぼののまま終わるわけがない題材。感情移入してきた頃に、一人また一人と怪我などで周囲からいなくなる。この人は残るだろうと思ってた人がいなくなった時は、うるうるじゃなくぽろりときた。たくさんの資料も読み込まれたようで、そこを想像するだけでまたつらい。大事なことなんだけどね。国vs国だと憎しみあっても、対個人だと友人になれる。戦場にいた人の口が重かった理由がよくわかった。年末の忙しい時に細切れに読んだことが悔やまれる。
読了日:12月28日 著者:深緑野分

読書メーター
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

吉右ヱ門

Author:吉右ヱ門
活字中毒&チョコレート好き&プロレスLOVE

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

愛犬v

かまってやって下さいv クリックするとおしゃべりしますv

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。