FC2ブログ

日和見主義

読書感想やら日記やら。

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年6月の読書感想

2015年6月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2620ページ
ナイス数:1203ナイス

世界はゴ冗談世界はゴ冗談感想
本が読み手を選ぶ作品。芸術で前衛的はよく聞くけれど、小説で前衛的って凄い。TVビーバップハイヒールでも、どこまでが本当でどこまでが創作かわからない発言をされて翻弄されるのだけど、この本も小説なのかエッセイなのか境目がわからず軽く混乱。全てを説明する本は読み手を馬鹿にしているという人もいるけれど、唐突な舵切りで振り回された。酔っ払いのアニメ風表現が面白かった。
読了日:6月6日 著者:筒井康隆
あなたの人生、片づけますあなたの人生、片づけます感想
題名、読点があるのに句点が無いのはなんでか。それはともかく、前のめりで一気読み!片づけられない背景に、ずぼらではなく心の闇があり、その闇を叱咤し寄り添ってくれる掃除指導者のお話。4編ともありそう!って内容でリアリティが凄い。以前見たTVで、汚部屋を片づけたら一番下には元伴侶との思い出の品が出てきて、それを見たくなくてゴミを積み上げてたってのがあったなぁ。本筋には関係ないけど、ラストの「生を享けた」で、享年の享の意味を知り衝撃を受けた。熟語としてしか認識していなかった。死んだ年じゃなく、この世で生きた年か。
読了日:6月7日 著者:垣谷美雨
武道館武道館感想
これまでアイドルに興味を持たずにいたので、最初はなかなかページが進まなかった。それは多分、共感ができないからかも。恋愛禁止の意味がわからない。アイドルに限らず恋愛スクープが流れた時に攻撃する人は、自分が付き合えるとでも思ってんのか?!と常々思っているからかもしれない。読み終わってから雑誌ダ・ヴィンチの武道館特集を読み返した。アイドル達の感想に泣きそうになった。代弁してもらってるようで嬉しかったとか、心が救われたとか、年端もいかない少女たちが口々に言っていて、苦労してんだなぁと。これからは見る目が変わる。
読了日:6月19日 著者:朝井リョウ
透明カメレオン透明カメレオン感想
ラジオが大好きなので、チョイス。先に皆様の感想をちょろっと見て覚悟を決めてから、「嘘」に気をつけて読み始めるも、ラストにやられたー。これはへこむー。心の隙間を埋める、再生の物語。だけど重すぎる。関わるみんなの過去が重すぎる。深夜ラジオを聴いていると、同じリスナーにも病床で聴いている人や色々問題を抱えている人がいるんだろうなって時々思う。その想像をこえていた。登場人物たちが、パーソナリティに出会ってからリスナーになっているからかな。読後、タイトルの意味が哀しい。
読了日:6月23日 著者:道尾秀介
書店ガール 2 最強のふたり (PHP文芸文庫)書店ガール 2 最強のふたり (PHP文芸文庫)感想
亜紀の妊娠により、働く女性の苦悩を描く前半、不況や他業種のせいで苦しむ本屋の奮闘を描く後半、そして不器用で誠実な理子にキューン!大人の恋!POPがラブレターとか田代さんロマンチックぅー!今は好きな本を購入して手元に置いているけれど、終活をする年齢になった時、果たして私はどの本を手元に残すだろうか。「今」お棺に入れてほしい本と、10年後お棺に入れてほしい本は、きっと違うな。などなど、作中の企画である50年後に残したい本のタイトルを眺めながらふと考えた。一作目はドロドロだったけど、今作は本愛が熱かった!
読了日:6月28日 著者:碧野圭
隠密 味見方同心(三) 幸せの小福餅 (講談社文庫)隠密 味見方同心(三) 幸せの小福餅 (講談社文庫)感想
味見方の仕事に少し慣れてきた今巻。たぬき寿司 小福餅 冷やし沢庵 おでんのおでん それにしても、このテーマで調べる!と決めた食べ物関連で必ず殺人や事件が起きるって、魚之進はエスパーじゃなかろうか。むいてるよ、このお役目!持ち前の観察眼で、真相に確実に近づく様がいたについてきたね。職業当てにいくとこなんか、和製ホームズ。これは言い過ぎか。しかし、黒幕のみならず幽霊くさいものまで登場、兄嫁は実家に帰るの?どうするの?次巻がとても気になる終わり方。そんなことより稲荷寿司が食べたくなる!
読了日:6月29日 著者:風野真知雄
のうりん 5 (GA文庫)のうりん 5 (GA文庫)感想
後半がシリアスすぎて、ギャグ部分やら前半がぶっ飛んだ。覚えてない。後半、動物愛護や倫理観について書かれているのだけれど、詰め込みすぎ!それとこれとは別問題じゃなかろうかってものや、なんやかやを羅列してしまったせいで、インパクトは強いものの雑に通り過ぎちゃってて、残るものと残らないものが出てきてもったいない!分けて欲しかったなー。欧米にペットを陳列してるようなペットショップが無いことや、日本のペットショップが売れ残った子犬子猫だった生き物をどう処分するか等々、家畜よりこっちが響いたよ。ブリーダーから買おう。
読了日:6月30日 著者:白鳥士郎
ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件6 (ファミ通文庫)ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件6 (ファミ通文庫)感想
ちょっとわちゃわちゃした今巻、めっちゃ気になる終わり方。納まるところに納まりそう。竜が出てきて冒険ファンタジーになるかと思いきや、街から出ることも無くこじんまり終結。誤字とか、パンケーキと言ったかと思えばホットケーキと言ったり、いらんところに気が散ったり、船旅で異国に来てることもあって、やりとりしている手紙の字体が個々に合わせて変えてあるんだけれど、読みづらい。小説ならではの遊び心だけどねー。
読了日:6月30日 著者:野村美月

読書メーター
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

吉右ヱ門

Author:吉右ヱ門
活字中毒&チョコレート好き&プロレスLOVE

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

愛犬v

かまってやって下さいv クリックするとおしゃべりしますv

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。