FC2ブログ

日和見主義

読書感想やら日記やら。

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛇口から血

20091222080620
少し前に夢を見ました。



ホテルに長く逗留するため「安い部屋がいい」と掛け合って、案内された部屋は、壁が斜めに仕切られた妙な間取りだった。
ドアを開けてすぐに見える白いその壁には、絵コンテのような、墨色の絵が直接描かれている。
つばの広い帽子をかぶった女性が、モザイク模様のタイルの上を軽やかに歩いている等身大の絵。

「ふうん?」
という程度の狭い部屋だと思いつつ外出。

用事を済ませ部屋に戻ると、絵が黒ずんでいる。
ただの線だけだった絵に、陰影が付いているのだ。
陰影というよりは、薄汚れた感じがして、おまけに何とも言えない生臭い臭いが漂っている。
嫌な雰囲気にたまらず、隣室の弟にこの話しを聞かせに行くことにした。

部屋を出てすぐの、隣のドア。
部屋と部屋の間はだいたい壁一枚のはずだが、私の部屋の壁は不自然に斜めに空間を切り取っている。

弟の部屋は、きっちりとした四角で囲まれていた。

話して聞かせると
「ふーん」
と気のない返事が返ってくる。
そう、気にしなければその程度のことなのだ。
話したことですっきりした私は、眠るために部屋に帰ることにした。

ドアを開ける。
明らかに、絵が黒くなっている。
そして異臭がきつい。
それにこの圧迫感はなんなのだろう。
視界の端に動くものを捉え、見上げると、天井と壁の隙間から、血の色の水が流れ落ち始めていた。
薄い滝のように流れる、錆色の水。
だんだん範囲が広くなってくる。

恐怖の中で気付く。
この部屋には浴室がない。
浴室は、不自然なこの壁で塞がれているのかもしれない。
なにかを閉じ込めるために……



ここで目が覚めました(´д`;)
起きてからしばらく不快な感じが続きました(+×+)

それから数日後、雪が12cmばかり観測され、マイナス2度の寒い日の翌日、ドラマ【仁】の最終回を見終え「なんだこの終わり方。続ける気満々だなぁ」と思いつつお風呂を掃除しお湯をはり、母の次に入浴。
うちは母→私→父→弟の順

湯船につかっていると、少しぬるく感じてきたのでお湯を足しました。
勢いよく出る熱湯を眺めていると、蛇口から出る熱湯が、透明から濃い血の色に(°□°;)

これがビルなら、給水塔に刺殺体が浮かんでるんじゃ!?って勢いの濃さ。
あの夢は微妙に正夢か?とか思いつつ、洗面器に汲んでしばらく置いてみると、錆だか土だかわかりませんが、何か沈殿してきたので血ではありませんでしたw
入浴剤の匂いがきつくて、錆か土かはよくわかりませんでしたが。

その後の情報によると、近くの水道管が破裂して、うちの水道水も濁ったらしいです(^ω^;)
結局綺麗なお湯につかれたのは母だけ。
一時間も(-ω-;)
30分で出てきてくれてたらなぁ…

で、父の反応が楽しみで、錆色のお湯が出ることは黙っていました。
案の定、風呂の中から叫び声が(笑)
期待を裏切らないなぁ(笑)
大声で母を呼んでいました。
母を呼んでどうすんだ、水道だから市に連絡しろよと思いながらニヤニヤ(・∀・)

水道部?の方、朝6時に雪の降る中を合羽を着て、水のチェックをしに来ておられました。
じゃばじゃば噴き出す水の音に驚いて窓から覗くと、水に向かって懐中電灯を向けてじっと立っている姿が見え、仕事とはいえ本当にご苦労様なことだなぁと同情を禁じ得ませんでした(>_<)

うちは井戸があるので、水道が濁ってもお湯が困るだけで、水には不自由しないんですよ(*´ω`*)
台風で断水した時も、近所の方に水をお分けしました。←水質は良いv

翌日のお風呂は、夕立の前のような土臭さが(>_<)
入浴剤でごまかしました。

そんなこんなで、微妙に夢と現実が連動した師走でした(^w^)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

吉右ヱ門

Author:吉右ヱ門
活字中毒&チョコレート好き&プロレスLOVE

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

愛犬v

かまってやって下さいv クリックするとおしゃべりしますv

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。