FC2ブログ

日和見主義

読書感想やら日記やら。

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【恋文の技術】★★★★

20091009054819
5/30読了。
63【恋文の技術】★★★★☆
●森見登美彦著
装画 中島梨絵
ポプラ社
2009年3月6日初版発行
定価1500円
(図書館)

・文通青春時代
一筆啓上。
文通万歳!
男なら、いや女でも、書きたまえ、送りたまえ。

ほろにがい可笑しい新・書簡体小説、誕生!

京都の大学から、遠く離れた実験所に飛ばされた男子大学院生が一人。
無聊を慰めるべく、文通武者修行と称して京都に住むかつての仲間たちに手紙を書きまくる。
手紙のうえで、友人の恋の相談に乗り、妹に説教を垂れ―─
(帯より)


感想)
主人公が、いろんな人に向けて書いた手紙が、相手ごとに何日分かまとめられて章になってます。

最初のうちは、妙に上から目線な主人公の文面に、誰がこんな奴に恋などするものか!と思いながら読んでました。
お馬鹿っぷりに笑いつつ、なんだかんだ言いつつ学生生活を満喫しているじゃないかと呆れつつ、森見節が楽しくてサクサク読めました♪
で、ラストで、惚れてまうやろー!ともんどり打った(ノд`*)やられた~

照れ屋で不器用な青年の、青い春を描いたお馬鹿小説です。
愛でてやっておくんなせい(*´ω`*)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

吉右ヱ門

Author:吉右ヱ門
活字中毒&チョコレート好き&プロレスLOVE

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

愛犬v

かまってやって下さいv クリックするとおしゃべりしますv

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。