FC2ブログ

日和見主義

読書感想やら日記やら。

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【黒猫の愛読書2】★★半

20090902035123
4/23読了。
51【黒猫の愛読書2 THE BLACK CAT'S CODEX 聖なる夜の外典】★★半☆☆
●藤本圭著
イラスト Dite
スニーカー文庫
平成20年11月1日初版発行
定価552円
(友人本)

・ラノベ。
最強魔導書の力をその身に秘めた猫目コウは、魔術的秘密結社“アスカロン”の特務捜査員―『写本第二篇』だ。
彼は、ヴァチカンの依頼で、“本の声”が聞ける少女・綴と共に、存在自体が世界を揺るがすと言われる禁断の福音書を追う。
だが、2人の前に福音書を狙う組織に雇われた賞金稼ぎが立ち塞がる。
その男の名はジール―─コウと同じ力を持つ『写本第三篇』だった!
書物に秘されし謎を追え─―最強魔導書伝奇、第2弾!!
(カバーより)


感想)
相変わらず雰囲気やら設定が古いので、読んでて気恥ずかしくなります(∋_∈)
なんかもう、著者は生まれてくるのが遅すぎたのかもしれないw

カタカナの外国語が並んでいるのですが、なぜかアジア圏じゃない敵の必殺技の名前だけは漢字で吹きました(^ω^;)
あと、比喩がなんか大袈裟でピントがズレてて違和感が…

主人公の能力も中途半端で、説明不足だったりで、いまいち把握できてません。
規模がでかいんだか小さいんだかも、なんだかぐちゃぐちゃ。

いやー、小説書くのって大変なんだなぁってしみじみ思いました(*´ω`*)
スポンサーサイト

コメント

この人が賞を取ったという事実にいまいち納得いかない><

[e:53]毘っさん

だねw
流行りにのってないから、新鮮に見えた。とか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

 

愛犬v

かまってやって下さいv クリックするとおしゃべりしますv

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。